汗見川|高速インターから30分の清流で夏を満喫

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
汗見川の美しい水流を満喫できる「升淵」
中央部エリア

中央部エリア

高知自動車道|大豊インターから30分という好立地の汗見川。吉野川支流の汗見川では、清流の美しさを楽しめるのはもちろんのこと、比較的市街地に近いこともあり、バーベキューなどのアクティビティにも最適なスポットです。

当記事では、汗見川の魅力、「にこ淵」にならぶ水流美が魅力の「升淵」などの情報をご覧いただけます。

大豊インターから30分の汗見川で清流の魅力を満喫!

汗見川

汗見川の穏やかな清流

高知自動車道|大豊インターから30分の好立地に位置する汗見川。吉野川水系の清流と、穏やかな水流が魅力のスポットです。

汗見川

夏場はアクティビティスポットとして人気を集める

汗見川では、渓流らしい岩場から水流の穏やかな瀞まで、リバーアクティビティを楽しめる環境が揃っています。夏場になると川遊び、釣り、カヤックなど、多くの人が様々な楽しみ方で汗見川の環境を満喫しています。

「汗見川ふれあいの郷清流館」での宿泊はいかが?

汗見川ふれあいの郷清流館

小学校を改装して宿泊施設として利用している「汗見川ふれあいの郷清流館」

高速インターから簡単にアクセス可能な汗見川ですが、スーパーやコンビニまで15分ほどで移動できたり、汗見川沿いには宿泊施設「汗見川ふれあいの郷清流館」が整備されていたりと、安心してアクティビティを楽しむことができる環境なのです。「汗見川ふれあいの郷清流館」は、小学校を宿泊施設として改装したもので、他の場所とはちょっと違う宿泊体験ができること間違いなしですよ。

汗見川ふれあいの郷清流館

ノスタルジーを感じる「汗見川ふれあいの郷清流館」の内装

小学校として利用されていた当時を容易に想像できる「汗見川ふれあいの郷清流館」の内装。雑巾掛けを思い出さずにはいられない木製の床張りなど、どこか懐かしい空間です。

汗見川ふれあいの郷清流館

「汗見川ふれあいの郷清流館」の客室

「3学級」の札が掲げられた、広々とした畳張りの客室。家族や友人と雑魚寝するには最適な部屋ですね!ちなみに冷房設備はありませんが、真夏日でも日が落ちるとびっくりするほど過ごしやすい気候になるのは山間部ならでは。大自然と隣り合わせの空間で、時間の移ろいと一体化できるのも汗見川の魅力の一つなのです。

周辺にも魅力的なスポットが

1.にこ淵以上の美しさ!?「升淵」

汗見川の升淵

汗見川の美しい水流を満喫できる「升淵」

「汗見川ふれあいの郷清流館」から上流に向かいドライブすること20分。道路沿いに突如姿を表す「升淵」は汗見川のの中でも特に美しい景観を誇るスポットです。高知県には他にも「にこ淵」「安居渓谷」など清流を堪能できるスポットがありますが、「升淵」の景観はそれら有名スポットと比較しても引けをとらないもの。

汗見川の升淵

道路沿いから升淵を望む

道路沿いから望む「升淵」はこんな感じ。ちなみに水辺まで降りるには結構急な斜面を降る必要があるため、運動靴な歩きやすい靴での訪問がベター。「にこ淵」と違い、混雑することは無く、美しい水流を独り占めしながら水遊び、なんてことも可能です。

汗見川の赤滝までの道

「升淵」までの道のり

「汗見川ふれあいの郷清流館」から「升淵」までの道のりはこんな感じで、道幅の狭いところが多いのでご注意を。交通量は少ないものの、ブラインドコーナーが多いため、気をつけてくださいね!

「升淵」の場所(GoogleMapsが新しいタブで開きます)

2.結構見ごたえのある、名もなき秘瀑

汗見川の名もなき滝

未舗装林道沿いにある名もなき滝

「升淵」へと続く道の途中で分岐し、そこから進むこと3.7km。林道沿いに突如姿を現す名もなき滝。優雅な水流とそれなりの規模を持った滝壺が美しく、落差は15mほどでしょうか。真夏でも涼しい風が吹き、清涼感のある空間となっています。

汗見川の赤滝までの道

この分岐を左折する

名もなき滝へは、「升淵」へと続く道を「赤滝」の看板を目印に左折して、3.7kmの道のり。

汗見川の赤滝までの道

1.5km付近で未舗装林道になる

途中から未舗装林道に変化するため、最低地上高の高い車での訪問がおすすめ。

汗見川の赤滝までの道

名もなき滝への入り口となる橋

未舗装林道を進むこと約2km、この橋の右側少し歩くと滝壺まで行くことができます。

汗見川の赤滝までの道

なんてワイルドな道!

林道から滝壺までは30mほどの距離ですが、足場が悪いので少し苦労するかも。荒れてはいるものの、決して危険ではないので、焦らずに歩いてくださいね!

ちなみに看板に書かれている「赤滝」はこの滝ではないそう。帰宅するまでこれが「赤滝」だと思ってました。次回訪問時に情報更新します。くそう。

名もなき滝の場所(GoogleMapsが新しいタブで開きます)

3.吉野川河畔の牧場

吉野川河畔の土佐あかうし牧場

牧場x清流。言葉にならない景観

高知自動車道|大豊インターから汗見川へと向かう道中、対岸に現れる土佐あかうしの牧場。気温の高い日は吉野川に入り涼むあかうしと、本山町の美しい山々を同時に眺望できるスポットです。

吉野川河畔の牧場の場所(GoogleMapsが新しいタブで開きます)

汗見川へのアクセス

汗見川の場所

画像をクリックするとGooglemapが新しいタブで開きます

周辺の観光スポット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

お問い合わせ

四国観光に関するお困りごと、質問など、お答えします。もちろん、無料ですよ!


お問い合わせ

コメントを残す

*