吾妻山|広島県と島根県の県境にある紅葉の名所

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
吾妻山の紅葉

登山は容易で、登山口には国民休暇村が整備された吾妻山。広島県と島根県の県境に位置するこの山は、秋には紅葉の名所として賑わう人気スポットです。

気軽に山岳の紅葉を楽しめる吾妻山

吾妻山の紅葉

ハイキングコースから休暇村を見下ろす


吾妻山(あづまやま)は広島県庄原市と島根県仁多郡奥出雲町との境にある標高1,239mの山。比婆道後帝釈国定公園に属している。
伊邪那岐命(いざなぎのみこと)が比婆山に眠る妻の伊邪那美命(いざなみのみこと)を「ああ、吾が妻よ」と山頂に立って生前を偲んだことが山名の由来とされている。
-wikipedia-


登山口から徒歩15分、ハイキングコースから振り返るとキラキラと輝くススキ越しに紅葉に包まれた休暇村が展望できます。吾妻山のハイキングコースはよく整備されていて、天気の良い日には家族連れや高齢の方も楽しめるレジャースポットです。それでいて、ハイキングコースからの展望はなかなかに美しいのがうれしいところです。

吾妻山の紅葉

頂上を超えると大膳原が目に飛び込んでくる

吾妻山の頂上を越えると、比婆山との中間、大膳原が視界に入ります。大膳原では、コース両脇を埋め尽くすススキ越しに紅葉が望め、他の場所ではなかなかお目にかかれない景観を楽しめます。

吾妻山の紅葉

白銀のススキと紅葉の共演

大膳原までは吾妻山の頂上を経由して1時間半ほど。大膳原から直接休暇村に戻るコースも整備されているので、是非とも訪れたいところです。

吾妻山の紅葉

ススキの美しさも魅力の一つ

大膳原のススキは、それだけをとってもなかなかの景観です。時刻により輝きが変化するススキ原の中でゆっくりと景色を堪能するのも贅沢なものです。

吾妻山へのアクセスには、狭隘な山道を1時間ほどドライブする必要があります。待避所が少なく、紅葉の季節にはそれなりに渋滞することがあるため、少し早めに訪問するのがおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*