四国あそび

笹倉湿原(さぞうしつげん)|「神の庭」苔むした神秘的な湿原

     笹倉湿原

石鎚山からほど近い山中に、苔に覆われ”神の庭”と呼ばれる湿原があります。笹倉湿原(さぞうしつげん)は、一面がウマスギゴケで覆われた不思議な景観が特徴で、「神の庭」とも呼ばれる独特の雰囲気をもっています。アクセスには約1時間半の登山が必要になりますが、笹倉湿原ならではの景観を求めて、苦労して訪問する人も多いスポットです。

続きを読む

寒霞渓|奇岩と紅葉が美しい日本三大渓谷美の魅力

     小豆島の紅葉

四国における紅葉を語る際に外すことのできない寒霞渓(かんかけい)。その景観は日本三大渓谷美の一つに数えられ、奇岩と瀬戸内海が作り出す景色は、他に代えがたい美しさをもっています。アクセスにはフェリーの利用が必要で、気軽に行ける場所ではありませんが、わざわざ苦労して訪れる価値のあるスポットです。

続きを読む

石立山|四国一危険かも。落差数百メートルの捨身嶽も必見の名峰

     石立山

四国の名山を思いかべる時、石立山が思い浮かぶ人は少ないかもしれません。標高1707m、四国においても決して標高が高いわけではなく、四国山脈からも少し外れた場所にある、マイナーな山です。一方で、四国きっての急峻な山岳である石立山は、捨身嶽に代表される険しい山並みを堪能できる通好みのスポットです。

続きを読む

三嶺|1894m|優雅な稜線がつづく高知県の最高峰

     夕日に染まる三嶺

山の多い四国においても、三嶺ほど山頂への道のりが険しい山は少ないかもしれません。一方で景観においては、三嶺ほどに素晴らしい山も少ないのではないでしょうか。特に高知県側の登山道は、四国一豊かな植生と、美しい沢が楽しめ、山頂からはこれぞ絶景、と断言できる景色を見ることができます。 続きを読む

別子銅山|東洋のマチュピチュと名高い巨大銅山跡

     愛媛県の別子銅山

過去1万人を超える住人が住み、日本の発展の礎となった別子銅山。現在の別子銅山では、当時の人々が暮らした空間を垣間見ることのできる史跡が点在しています。別子銅山の入り口となる東平記念館には数多くの資料が展示されていて、当時の生活を学ぶこともできます。

続きを読む

高の瀬峡|険しい渓谷を埋め尽くす紅葉の絶景

     高の瀬峡の紅葉

日本には紅葉の名所と呼ばれる観光地が数多く存在しますが、高の瀬峡ほど鮮烈な彩度の紅葉は、他の場所では見ることができないでしょう。高知市からは車で2時間。決してアクセスが良いとは言えず、近くにある別府峡の陰で目立たない存在の高の瀬峡。紅葉の季節には、ここにしかない景観を楽しめる絶景スポットとして是非とも訪れたい景観をもっています。

続きを読む

樽の滝|高知市からほど近い隠れた名瀑

     樽の滝

高知市に位置する樽の滝(樽の滝)。高知市から30分でアクセス可能な立地も相まって、気軽に楽しめるアクティビティスポットです。落差65mの水流は迫力満点で、高知市内であることを忘れてしまうほどです。

続きを読む

鷲ノ巣の滝|国道沿いの隠れた名瀑の魅力

     高知県 - 見残しの滝

高知市からR33で面河渓や四国カルストを目指すと、道沿いに見える鷲ノ巣の滝。

とても目立つ場所にあるにもかかわらず、あまり有名な滝ではありません。立ち寄る人も少ない鷲ノ巣の滝ですが、その全景は日本の滝百選に選ばれてもおかしくないほど美しいものです。

続きを読む

桂浜|高知市内から容易にアクセスできる有名スポット

     katsurahama-5

”なぜか”人気の桂浜。海を望む坂本龍馬像や、太平洋に向かい大きく弧を描く三日月状の砂浜などが見どころで、高知市内からシャトルバスで簡単にアクセスすることができます。一方、高知県ならではの大自然や秘境感とは対極にある環境は、わざわざ高知県に行って時間を割くのはもったいないかもしれません。

続きを読む

大荒の滝|高知市から簡単にアクセス可能な隠れた名瀑

     大荒の滝

高知県香美市に位置する大荒の滝は、同じく香美市に位置する轟の滝に次ぐ、落差40mの規模を誇る名瀑です。よく整備された道路でアクセス可能で、秋には美しい紅葉を楽しめる大荒の滝ですが、その優れた景観とは対照的に、混雑とは無縁で常にひっそりとした雰囲気。香美市きっての絶景を、ひっそりとした空間の中心ゆくまで堪能できるスポットです。

続きを読む