恵山|青森県の恐山と並ぶ霊山の異様な景観

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
北海道の恵山

函館から車で1時間。函館観光のついでにちょっとドライブ、といった気軽さでアクセスできる恵山。実は青森県の恐山と並ぶ霊場として古くから信仰の対象になっている霊山です。その景観はやはりどこか恐山を感じさせるものとなっていて、単独峰の上半分すべてが赤茶けた地肌を露出させた景観は、異様な雰囲気を放ち、近づく者を圧倒します。

 噴煙立ち昇る死の世界

北海道の恵山

上半分で地肌が露出する異様な景観

恵山の標高は618mで、山岳としては決して標高が高いとはいえません。しかしながら海岸線から一気に立ち上がる斜面は迫力十分です。初めて訪れる場合でも見間違えることは無いと断言できるほど異様な景観は、恵山ならでは。

北海道の恵山

駐車場付近から望む噴火口

645号線を離れ、しばし標高を上げると頂上直下の駐車場に到着します。駐車場から歩き出すとすぐに、恵山の噴火口が正面に見える場所に出ます。ツツジの名所でもある恵山では豊富な植生が楽しめるのですが、噴火口付近には草一本生えておらず、まさに死の世界といった様相です。

北海道の恵山

恵山を背にして望む景色

一方で恵山を背にして見る景色は穏やかなもので、恵山とは対照的に緑の多いものとなっています。

北海道の恵山

噴火口付近は死の世界が広がる

恵山では、年間を通していたる場所から噴煙が立ち昇り、異様な景観を作り出しています。噴火口の近くまで遊歩道で近づくことができますが、噴火によりつくられた地面はガレ場になっていて歩きにくいので注意が必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*