フイゴ滝|四国を代表する奇瀑!全国的に珍しい潜り滝

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
フイゴ滝

潜り滝と呼ばれる滝をご存知でしょうか。直瀑、分岐瀑など、水流の形状により様々な分類のある滝ですが、その中のひとつ、潜り滝はその特徴的な景観と全国に数えるほどしかない希少性から、人々の興味を引きつけてやみません。

全国的に見て非常に珍しい潜り瀑ですが、四国にはフイゴ滝、長沢の滝の2本が存在していて、知る人ぞ知るスポットとして人気を集めています。

まさに奇瀑!明らかに他の滝とは違う景観

フイゴ滝

水流が岩の裏側を通っている

いったいどのような経緯でこのような形状になるのか、想像もつかない岩壁と、その中央を流れる水流。奇瀑、としか言いようのない個性的な景観は、独特の魅力があります。

フイゴ滝

滝壺から見上げたフイゴ滝

滝壺から見上げるフイゴ滝は、まさに異世界といった雰囲気。上部から見下ろすだけではわからない、迫り来る岩壁と水流の迫力を全身で感じることができます。

フイゴ滝

落ち口から見える緑が幻想的

岸壁に囲まれた滝壺から落ち口を見上げると、まるで自分が地下空間にいて、そこから地上の光を仰ぎ見ているような錯覚に陥ります。洞窟のような岸壁に囲まれた空間に、轟音とともに落ちる水流は恐怖を感じるほどの迫力。フイゴ滝にしかない最高の空間です。

フイゴ滝へのアクセス

剣山スーパー林道内に位置するフイゴ滝は、様々な方角からアクセス可能なものの、どのルートをとっても不整地区間があるため注意が必要です。不整地区間の走行は、地面の乾いている時なら最低地上高が150mm程度の普通車でも十分走行可能ですが、雨後など地面が濡れている場合はとても滑りやすいため4輪駆動車での訪問が無難です。

フイゴ滝の看板付近に駐車し、右岸のテープを目印に10分ほど歩くと展望場所に到着します。滝壺へ降りる場合は展望場所へ続くロープの下端付近から、上流に向かってトラバースしながら沢におります。特別な装備は必要ありませんが、滝壺に入る場合はタイツやウェットスーツなど、濡れても保温性の高いウェアを着た方が良いでしょう。標高が高いこともあり、真夏でも水流は冷たく、ものの数分で体温を奪われてしまいます。

あわせて訪問したい四国電力発電所跡

フイゴ滝の近くにある四電発電所

まるで秘密基地のよう

フイゴ滝からは車で30分ほど、上勝町との中間付近に位置する四国電力発電所跡。かつて四国一小さい発電所だったというこの場所は、まるで秘密基地のような雰囲気をもっています。

フイゴ滝の近くにある四電発電所

人の気配はない

内部に人が入った気配はなく、この場所が使われた最後の日から時が止まっているかのように佇むラジオが素敵です。

アクセスの悪い場所にあり、わざわざ訪問するのは気がひけるかもしれませんが、フイゴ滝とセットでの訪問であれば満足度の高いスポットではないでしょうか。

四国のおすすめの滝

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*