袋田の滝|日本三名瀑に数えられる大瀑布

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
茨城県の袋田の滝

日本三名瀑には華厳の滝、那智の滝、袋田の滝がありますが、華厳の滝と那智の滝が王道とも言える直瀑なのに対し、袋田の滝は一風変わった景観をしています。1500万年前に堆積した地層により形作られる袋田の滝は、どちらかといえば女性的で穏やかな地形をしていて、そこを流れる水流は白糸のように穏やかです。

ここでしか見ることのできない景観

茨城県の袋田の滝

幅72メートルの滝身

日本には素晴らしい景観を持つ滝が数多くありますが、その多くがアクセスしづらい山奥にある場合が多く、気軽に訪れることができない場合も多々有ります。そんな中で、袋田の滝は大規模な駐車場と舗装された遊歩道でアクセス可能で、さすがは日本三名瀑のひとつといったところ。滝正面の展望台からは袋田の滝の全景が望め、そのスケール感を余すところなく感じることができます。

茨城県の袋田の滝

独特の景観を持つ袋田の滝

角度を変えて望む袋田の滝も圧巻です。この場所からは最下段以外ほとんど見えないのですが、それでも迫力は十分。袋田の滝以外の日本三名瀑では、滝身に近づくことができないことを考えると、この距離まで近づけるのは袋田の滝の魅力の一つと言えるかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*