伊尾木洞|洞窟の先の異世界|シダに覆われた神秘的な渓谷

伊尾木洞

伊尾木洞(いおきどう)は、300万年前の地層が隆起し、波による浸食で生まれた洞窟です。洞窟を抜けた先には、シダに覆われた渓谷が400メートルにわたり続いていて、この世のものとは思えない神秘的な空間になっています。伊尾木洞のシダの群生は、その多様性から国の天然記念物にも指定されるほどで、伊尾木洞ならではの独特の雰囲気を創り出しています。

内部には小川が流れ、夏でも気温が20度くらいで涼しいのも特徴のひとつで、歩きやすい遊歩道を利用して爽やかな散策を楽しむことができます。

シダに覆われた渓谷「伊尾木洞」

伊尾木洞

洞窟を抜けるとシダに覆われた異世界が

高知空港から車を走らせること30分、安芸市の住宅街に突如現れる洞窟が伊尾木洞です。長さ50メートルほどの洞窟を抜けた先に、シダの群生に覆われた神秘的な渓谷が広がっています。伊尾木洞の奥に広がる渓谷は全長400メートルほどで、最深部には小規模ながら滝もある贅沢な空間です。遊歩道は運動靴でも問題なく歩けるほどよく整備されていて、最深部の滝までは往復30分ほどの所要時間です。

伊尾木洞の遊歩道はこんな感じ

1.住宅街に突如現れる伊尾木洞の入り口

伊尾木洞の入り口

伊尾木洞の入り口

高知龍馬空港から車で30分。しらすの名産地として有名な安芸市の住宅街のはずれ、水路の奥にある洞窟が伊尾木洞の入り口です。伊尾木洞の駐車場は55号線沿いの伊尾木公民館にあり、伊尾木洞までは徒歩5分ほどの距離です。

2.50メートルの洞窟

伊尾木洞の入り口

50メートルほどの洞窟を抜ける

伊尾木洞の入り口は長さ50メートルほどの洞窟になっています。緩やかにカーブした奥の見えない洞窟で、中に入るのを少し躊躇してしまう雰囲気ではありますが、日中であればライトが無くても全く問題ないくらいの明るさがあります。

3.洞窟の先に広がるシダに覆われた渓谷

伊尾木洞

洞窟を抜けるとシダに覆われた異世界が

入り口の洞窟を抜けると、そこにはシダに覆われた神秘的な渓谷が広がっています。切り立った両壁をシダの群生が埋めつくし、「もののけ姫」の世界さながらの空間が広がっています。洞窟とは対照的に、渓谷には木漏れ日が降り注いでいて明るく、洞窟の中から見ると異世界のようにも見える景観です。

4.水流沿いの歩きやすい遊歩道

伊尾木洞

伊尾木洞の内部

伊尾木洞の最深部に向かって伸びる遊歩道は約400メートルの長さです。水流沿いにつけられた遊歩道はよく整備されていますが、何箇所か飛び石で水流を渡る必要がある場所も。飛び石が不安な場合は伊尾木公民館で貸し出している長靴の利用がオススメです。伊尾木洞の水流は浅いため、長靴であれば水流の中をバシャバシャと歩くこともできます。

5.天然記念物に指定される多様なシダ

伊尾木洞のシダ

伊尾木洞のシダ

伊尾木洞の最深部に向かって流れる水流は、シダの生育に適した湿度を保つだけでなく、夏でも気温が20度くらいしかない爽やかな空間を創り出しています。伊尾木洞には、ホウビシダ・コモチシダ・ノコギリシダ・ホウライシダ・ハゴロモシダ・シロヤマゼンマイ・クリハランの7種類のシダが群生しています。それぞれ決して珍しくはない種類のシダではありますが、7つもの種類が一箇所に生息するのは非常に珍しく、国の天然記念物に指定されています。

6.遊歩道の中間地点に掛かる丸太橋

伊尾木洞道中の橋

道中の橋

道中には、シダに覆われた水流をまたぐ丸太橋があります。この辺りが遊歩道の真ん中あたりで、ここから先は少し足元が悪くなってくるので注意して歩いてください。

7.ヘアピンカーブ

伊尾木洞の内部

伊尾木洞の内部

谷が大きく屈曲する場所まで来たら、伊尾木洞最深部の滝まであと少しです。この辺りは、雨が降ると小さな滝が無数にかかり、とても神秘的な雰囲気になります。

8.ゴール!最深部の滝

伊尾木洞の滝

伊尾木洞最奥の滝

伊尾木洞の最深部の滝には、入り口から15分くらいで到着します。約5メートルの滝は、規模こそ小さいものの周囲のシダが創り出す空間と相まって独特の雰囲気をもっています。

遊歩道はもう少し奥まで続いているのですが、これといった見所がなく歩きにくいところもあるため、滝を見たら元の道を引き返すのがおすすめですよ!

訪問時に知っておきたい3つのポイント

1.駐車場は伊尾木公民館を利用

伊尾木洞正面の道路には駐車スペースがありません。車は55号線に沿いの伊尾木公民館の駐車場を利用してください。「伊尾木洞駐車場」の看板があるので、見落とすことはないでしょう。駐車場から伊尾木洞までは徒歩5分ほどです。

2.増水・渡渉に注意

普段は歩きやすい伊尾木洞の遊歩道ですが、雨天時や大雨の後などは洞内の川が増水し、歩行が困難な場合があります。また、最深部を目指す場合は何回かの渡渉が必要になるため、伊尾木公民館にて無料でレンタルしている長靴を利用するのがおすすめです。

3.訪問時に食べたい「しらす丼」

伊尾木洞が位置する安芸市は、「しらす」の名産地です。リーズナブルに絶品の「しらす丼」を堪能できるお店が多数あるので、ぜひ訪問してみてください。

アクセス

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください


お問い合わせはこちら

コメントを残す

*