叶崎(かなえざき)|急峻な断崖とひっそりと佇む灯台

叶崎

高知県西部の土佐清水市に位置する叶崎(かなえざき)は、足摺岬のように切り立った断崖が特徴のスポットです。灯台の裏からひっそりと伸びる踏み跡は叶崎の先端ちかくまで続いていたり、最果ての雰囲気を満喫できること間違いなしです。

叶崎|最果ての灯台と断崖

叶崎

明治44年の建造以来変わることのない外観を保つ叶崎灯台

明治44年に建造されて以来変わることのない外観が魅力の叶崎灯台は、急峻な断崖に囲まれた立地ということもあり、高知県を代表する観光スポット「足摺岬」と並ぶスポットとされることもあります。駐車場もしっかりと整備されていて、人懐こい猫がたくさんいるなど、魅力ポイントの多い叶崎ですが、惜しまれるのは足摺岬ほどの好展望地がなく全容を見渡せないところです。

叶崎

叶崎の先端近くまで続く木のトンネル

遊歩道もあまり整備されていなくて・・・なんて表現するとマイナスにも聞こえてしまうかもしれませんが、秘境感満載の木のトンネルを抜けて叶崎先端へと向かう遊歩道は「最果ての灯台」感満載です。

叶崎

叶崎の先端付近

遊歩道を抜けると叶崎先端付近の断崖の上から太平洋を眺望することができます。生い茂る樹木により大パノラマ!といった感じではありませんが、かなりの高度感があってスリル満点です。

アクセス

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください


お問い合わせはこちら

コメントを残す

*