高の瀬峡 – 険しい渓谷を埋め尽くす紅葉の絶景

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
高の瀬峡の紅葉

日本には紅葉の名所と呼ばれる観光地が数多く存在しますが、高の瀬峡ほど鮮烈な彩度の紅葉は、他の場所では見ることができないでしょう。高知市からは車で2時間。決してアクセスが良いとは言えず、近くにある別府峡の陰で目立たない存在の高の瀬峡。紅葉の季節には、ここにしかない景観を楽しめる絶景スポットとして是非とも訪れたい景観をもっています。

峻険な地形によってもたらされる陰影

高の瀬峡は深さ200mはあろうかという非常に深い渓谷で、山深い四国の中でも特に奥地のイメージがある場所です。普段は、とりたて華やかさの無い高の瀬峡ですが、秋には四国一と言っても過言では無い紅葉美を楽しむことができます。

高の瀬峡の紅葉

石灰質の斜面が紅葉を引き立てる

高の瀬峡の斜面は石灰質の岩石でできていて、その白い岩肌が紅葉を引き立てます。200m以上の深さがあると言われる高の瀬峡では、谷の上部が紅葉し始めてから谷底が紅葉するまでに2週間ほどかかります。そのため、比較的長い間紅葉を楽しめるのですが、全体が紅葉するのはほんの数日のみなので、事前の情報収集が欠かせません。

高の瀬峡の紅葉

燃えるような色づき

切り立った渓谷が紅葉に埋め尽くされた斜面に強い陰影を作りだし、彩度の高い紅葉と相まって鮮烈なコントラストを作り出します。陰になる部分はどこまでも暗く、陽の当たる木々は燃えるように明るい、非日常に包まれた空間がそこにはあります。

高の瀬峡の紅葉

夕日による陰影が非日常的な景観を作り出す

周囲には1700メートル前後の山々が連なり、その山頂から落ち込む渓谷には日中の一時しか日が当たりません。日夜の温度差が大きいのでしょうか、高の瀬峡の紅葉はとても鮮やかで、真っ黒な日陰と対極の色彩を放っています。

高の瀬峡の紅葉

無機質な岩肌と紅葉のコントラストが美しい

日が傾き始めると対岸の斜面にも影が落ち始めます。影の落ちた岩肌はどこまでも黒く、紅葉との対比が非日常的な景観を作り出します。高の瀬峡は四国の渓谷の中でも特に峻険な地形で、そこに落ちる影は他には無い暗さを持っています。普段はその暗さから陰鬱な雰囲気さえ持っている場所ですが、紅葉の時期だけは、その暗さが紅葉をいっそう引き立て、極上の空間へと変貌します。

独特な景観の高の瀬峡

全域にわたって峻険な地形の高の瀬峡。その地形からか、景観は独特で、見る者を飽きさせません。

高の瀬峡の紅葉

岩の割れ目から流れる水流が涼しげな空間を作っていた

岩肌からは、いたるところで伏流水が湧き出しています。水のある場所には必ず苔が茂っていて、紅葉と見事な競演を見せてくれます。

高の瀬峡の紅葉

紅葉のトンネルに吸い込まれそうになる

峻険な地形の高の瀬峡では、常に紅葉を見上げることになります。紅葉は、見上げた時、一番彩度が高くなるということをご存知でしょうか。高野瀬峡の紅葉は、地形的な理由もあり、他の場所よりも鮮やかな紅葉を見ることができるのです。

高の瀬峡の紅葉

峻険な地形に沿った道路

地形的な特色がある高の瀬峡では、遊歩道となる林道も独特な形状をしています。林道自体も景観として美しく、それ自体が観光名所になるのではないか、と感じるほど特徴的な場所も存在します。

単純な紅葉の美しさだけでなく地形的な美しさも楽しめる高野瀬峡、四国の紅葉スポットで一番オススメの場所です。

周辺のスポット

コメントを残す

*