雲の平 – 片道2日!苦労してでも行きたい日本最奥の秘境

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
雲の平山荘

日本各地に”秘境”を名乗る景勝地は数多くありますが、本当の秘境というのはそんなにたくさんありません。そんな中で、間違いなく秘境、と断言できるのが雲の平です。最寄りの登山口から片道2日。たとえあなたが普段から運動を欠かさないスポーツマンだとしても、日帰りでは絶対にアクセスできない、そんな場所に雲の平はあります。

1日目 – 折立登山口から登山開始

雲の平に最も近いのは折立登山口。立山ICからは1時間ほどで、有料の有峰林道を抜けた先にあり、広大な駐車場を有します。ハイシーズンには満車になることの多い駐車場のため、登山口付近に駐車したい場合は下山者の多い夕方にアクセスして車中泊するか、林道内の有峰ハウスに宿泊し、林道が通行可能になる6時前に駐車するのがオススメです。

折立登山口から登りだすと、すぐに500メートルほど標高を上げる急登に。2時間ほどで急登を抜けると尾根に出ます。景色の良い尾根を1時間半。太郎平小屋に到着したところで1日目の宿泊地、薬師沢小屋に向けて標高を下げはじめます。

雲の平への道程

太郎平小屋と薬師岳の稜線

太郎平小屋から薬師岳に伸びる稜線を眺めながら、沢筋に向かい標高を下げます。よく整備された登山道と木道を歩くこと2時間。薬師沢小屋に到着です。

薬師沢小屋ベランダからの眺め

薬師沢小屋ベランダからの眺め

薬師沢小屋は薬師沢と黒部源流の合流点にあり、2階に設置されたベランダからは美しい渓相を楽しむことができます。

2日目 – 最後の急登を超え雲の平へ

薬師沢小屋から雲の平までの道のりは3時間半。道中で一番の急登を超え、雲の平へ。

薬師沢小屋からアクセスする場合、最初に足を踏み入れるのはアラスカ庭園。雲の平には、アルプス庭園や日本庭園など、庭園と名のつく場所が複数あり、それぞれの場所で違う雰囲気を楽しむことができます。

雲の平山荘

雲の平山荘 – 背後には水晶岳がそびえる

木道に変わった登山道を快適に進むこと1時間。雲の平山荘が見えてきます。雲の平山荘の背後には水晶岳がそびえ、日本一の秘境に建つ山小屋の雰囲気を引き立てます。

雲の平の木道

雲の平の木道はよく整備されている

雲の平山荘周辺の登山道はとてもよく整備されているので、山荘に荷物を置いた後は、カメラだけ持ってゆっくりと散策するのがおすすめです。

雲の平山荘ベランダからの景色

雲の平山荘ベランダからの景色

雲の平山荘のベランダからは、眼前を埋め尽くす雲の平の景観を楽しめます。夜、目が覚めたらベランダに出て、月明かりに照らされる雲の平を楽しんでみてはどうでしょうか。

月光に照らされる雲の平

月光に照らされる雲の平

アクセスに2日かかる雲の平。帰り道も2日かけるのが一般的ですが、体力に自信のある方は日帰りすることも可能です。雲の平山荘から折立まではおよそ10時間半の道のり。太郎平小屋に到着した時点で余裕があれば下山、というくらいの気持ちで歩くと気楽かもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*