鳴門大橋|真っ青な海峡と純白の吊り橋の絶景を満喫

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
鳴門大橋

四国と淡路島をつなぐ鳴門大橋。渦潮を見ることのできる渦の道としても有名な鳴門大橋は橋自体の造形も美しいもので、様々な場所からその姿を展望可能なこともあり、人気の観光スポットになっています。

日本を代表する吊り橋、鳴門大橋

鳴門大橋

青い海に純白の鳴門大橋が映える

全長1.6km、主塔の高さ144.3mの鳴門大橋。純白の躯体が青い海峡によく映える景観で、ランドマークとして人気を集めています。鳴門大橋周辺には絶好の展望スポットが複数整備されていて、様々な角度から鳴門大橋を展望可能です。

鳴門大橋の夜景

鳴門大橋のライトに照らされる鳴門海峡の潮流

日中の鳴門大橋の景観も素晴らしいものですが、夜間における景観もなかなかのもの。ライトアップされた鳴門大橋と、その光に照らされた鳴門海峡の潮流が、幻想的な景観を作り出します。

日本一の渦潮、渦の道

鳴門大橋の渦潮

渦の道から見下ろす鳴門海峡

渦潮の発生頻度、規模共に世界有数の鳴門海峡を真上から展望できるのも鳴門大橋の魅力です。頻繁に発生する渦潮を絶好の位置から展望できる鳴門大橋の人気アクティビティ「渦の道」。海面から45mに整備されたガラス張りのスリリングなコースから、渦潮の絶景を楽しむことができます。頻繁に渦潮が発生する鳴門海峡ですが、常に発生しているわけではないので注意が必要。渦潮の発生しやすいタイミングは渦の道公式ホームページ(新しいタブで外部サイトが開きます)に詳しく掲載されているので、事前のチェックがおすすめです。

鳴門大橋へのアクセス

神戸淡路鳴門自動車道 | 鳴門北ICから15分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*