面河渓 – 荘厳な絶壁と清流が美しい名渓谷

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
面河渓

渓谷の多い四国においても、面河渓ほどのスケール感をもった渓谷は類を見ません。花崗岩による岩壁や川底は、四国に多い”ガレている”渓谷とは一線を画す、堂々とした景観です。面河渓では、持ち前の渓谷美に加え、四国らしい美しい水流や紅葉を楽しむことが可能。非常に走りやすい道でアクセス可能なこともあり、訪問者が後を絶たない人気スポットです。

1.四国一のスケールが魅力の面河渓

面河渓の亀腹

荘厳な亀腹

山岳の多い四国には、数々の名渓が存在します。そのなかでも面河渓は、規模の大きさ、景観の美しさどちらをとってもひときわ素晴らしい渓谷といえるでしょう。面河渓の入り口にそびえる亀腹と呼ばれる岩壁は、高さ100m、幅200mという破格のスケールで、その一点だけでも面河渓が特別な場所であることを実感することができます。

面河渓

美しい水流と一枚岩の川底が特徴的

面河渓の景観を特に特徴づけているのが、その川底です。一般的に、渓谷の川底というと崩落により積み重なった岩石や砂利によって満たされていることが多いものですが、面河渓はどこまでも一枚につながった花崗岩の滑床による独特の景観が魅力です。

2.面河渓の魅力3選

2-1.美しい水流

面河渓の水流

水流は青く透きとおっている

面河渓の魅力のひとつは、その美しい水流。道中からすでに美しい水流は、面河渓に近づくにつれより一層透明度を増していく印象です。

面河渓

黒っぽい岩壁と水流のコントラストが美しい

面河渓のハイライトとなる亀腹付近でもその水流の美しさに変わりはなく、黒っぽい岩壁と水流のコントラストが独特の景観を作り出しています。

2-2.名渓谷と紅葉の共演

面河渓の紅葉

紅葉の季節、水流はわずかに緑がかる

面河渓は紅葉スポットとしても有名で、紅葉の時期には険しい渓谷沿いの木々が一斉に色づき、一年で一番色鮮やかな景観を作り出します。秋になっても水流は変わること無く美しく、美しい水流と紅葉の共演を満喫することが可能です。この時期は、一年で一番面河渓が活気付くタイミングで、美しい景観を求め、本州からもひっきりになしに人が訪れるほどの人気です。

2-3.様々な表情を見せる渓谷

面河渓

場所によって様々な渓谷美を堪能できる

水流や紅葉の美しさで語られることの多い面河渓ですが、単純に渓谷としての景観だけを見てもかなりのもの。場所により大きく表情を変える渓相により、一日中でも飽きることなく散策を楽しむことができます。

3.訪問時に知っておきたい2つのポイント

3-1.紅葉の時期には混雑することも

よく整備された道路でアクセス可能なこともあり、紅葉の時期には周囲の駐車場が満車になってしまうことも。その場合、1.5kmほど下流に位置する石鎚スカイラインとの分岐付近の駐車場に車を停め、面河渓まで30分ほど歩くことになります。面河渓までは遊歩道でのアクセスとなるのですが、よく整備された遊歩道からの景観も素晴らしく、楽しみながら歩くことが可能です。

3-2.紅葉は10月終盤〜11月初旬

年によって多少の前後はあるものの、概ね10月終盤から11月初旬にかけてが見頃です。目安としては、石鎚山山頂の紅葉のニュースが出てから2週間ほどで見頃になり、3週間目くらいまでは美しい紅葉を楽しむことが可能です。

4.面河渓へのアクセス

松山自動車道 | 川内ICから1時間半
高知自動車道 | 伊野ICから2時間

面河渓の場所.png

画像をクリックするとGooglemapが新しいタブで開きます

5.面河渓から1時間以内でアクセス可能なスポット

石鎚山 - 切り立った岩壁の絶景!荘厳な四国一の霊峰

石鎚山

山頂の荘厳な岩壁

四国最高峰にして四国一の霊峰石鎚山。その荘厳な佇まいとは裏腹に、比較的簡単に登頂できる山として、人気を集めています。いくつかの登山コースがある石鎚山ですが、土小屋コースは、コースタイム1時間40分となっていて比較的短時間で登頂でき、登山口目前まで車でアクセス可能なことからも、誰にでもお勧めできるルートです。


瓶ヶ森林道 – 雲海・紅葉・霧氷!絶景のドライブコース

瓶ヶ森林道の紅葉

高知県 - 瓶ヶ森林道

標高1400mの天空の道、瓶ヶ森林道(かめがもりりんどう)。愛媛県と高知県の県境に位置し、四季を通して四国一の絶景を楽しめるおすすめのスポットです。四季を通じて出現する雲海、鮮やかな緑の笹原、秋には紅葉、冬から春にけけての霧氷。ドライブによし、アクティビティによしの、自然の絶景をすべて楽しめる瓶ヶ森林道の魅力を紹介します。


小田深山渓谷 – 穏やかな水流が美しい紅葉の名所

小田深山渓谷の紅葉

紅葉の季節の小田深山渓谷

四国の渓谷美というと、石鎚山系の切り立った岩壁と白く巨大な岩が有名ですが、小田深山渓谷では四国では珍しい、穏やかな水流と木々に囲まれた穏やかな空間を楽しむことができます。小田深山渓谷は全域にわたりよく整備された遊歩道が張り巡らされ、穏やかに流れる水流と落葉樹林の中、心ゆくまで四国の大自然を体感可能です。


笹倉湿原 – 山中に唐突出現する苔に覆われた神の庭

笹倉湿原

倒木も苔に覆われている

石鎚山からほど近い山中に、苔に覆われ”神の庭”と呼ばれる湿原があります。山中に突如姿を表す笹倉湿原(さぞうしつげん)は、一面がウマスギゴケで覆われた不思議な景観をもっていて、まさに神の庭といった雰囲気。山深い四国においても屈指の秘境と言えるでしょう。


御来光の滝 – 険しい道のりを超えた先の絶景

御来光の滝

落差102mを二段になって落ちる御来光の滝

日本の滝百選に選ばれている愛媛県、御来光の滝。そもそも滝というもの自体が人里離れた場所にある事が多く、アクセスしづらいものですが、その中でも特にアクセスしにくいのが御来光の滝です。石鎚スカイラインの展望台から遠目に望むぶんには簡単ですが、滝直下へのアクセスは一筋縄ではいきません。しかしながら、長いアプローチを差し引いてもその景観は素晴らしく、日本の滝百選でも上位に入る景観としておすすめできます。


高瀑 – 落差132m!大迫力の岩壁を落ちる絶景の無名瀑

高瀑

10月終盤の高瀑

落差132m、日本全国を見ても稀なほど壮大なスケール感をもつ高瀑。直瀑としては日本有数のスケールをもつ高瀑では、新緑や紅葉の季節をはじめ、厳冬期の荘厳な氷瀑など、まさに四季折々の絶景に出会えます。アクセスの悪さから知名度が低く、訪問者も少ない高瀑ですが、四国にこれ以上の景観は無いと確信できるほど特別な雰囲気をもった高瀑の魅力を紹介します。

コメントを残す

*