大瀧の滝(おおたびのたき)|氷瀑にもなる道路沿いの滝

大瀧の滝

大瀧の滝(おおたびのたき)は、四国を代表するドライブ・ツーリングスポットの瓶ヶ森林道(UFOライン)への道中、車道沿いの展望台から眺望できる滝です。落差は30mほどでしょうか。岩壁を一気に落ちる直瀑として中々の規模を持つだけでなく、冬季には氷瀑になることもある滝です。

車道沿いの展望台から眺望できる大瀧の滝

大瀧の滝

大瀧の滝は車道沿いの展望台から簡単に眺望できる

大瀧の滝(おおたびのたき)は、落ち口から投げ出された水流が滝壺まで一気に落ちる直瀑として、四国の中では屈指の30mほどの落差を持つ滝です。冬季には氷瀑にもなることから滝単体としても結構な人気の大瀧の滝ですが、なんといっても素敵なのは、四国を代表するドライブ・ツーリングスポットの瓶ヶ森林道(UFOライン)への道中に位置する点ではないでしょうか。高知県側から瓶ヶ森林道(UFOライン)へアクセスする際に利用する、長沢ダム沿いの道沿いにあり、展望台も整備されていることから、「ついで」に訪問できることが魅力のスポットです。

アクセス

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください


お問い合わせはこちら

コメントを残す

*