佐田岬(さだみさき)|全長50km!日本一長い岬の魅力

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
佐田岬灯台

愛媛県の西端に位置する佐田岬。日本一全長の長い岬として独特の景観をもつだけでなく、その全域を快適にドライブ・ツーリング可能なこともあり人々の人気を集めています。海峡を挟んで対岸となる大分県までは最も海峡の狭いところで14km。晴天時は容易に対岸をまで眺望可能なこともあり、独特の景観を楽しむことが可能です。

全長50kmの快適なドライブコース

佐田岬の風車

風車の間を快適に走る

愛媛県の西端に位置する佐田岬、先端までは付け根となる八幡浜(やわたはま)から直線距離で37km、道のりで50km。日本最長の岬として独特のポジションを築いている佐田岬は、快適にドライブ・ツーリング可能な道路も相まって人気のスポットとなっています。

佐田岬灯台

佐田岬灯台越しに望む大分県の佐賀関半島

佐田岬と佐賀関半島の間に位置する豊予海峡(ほうよかいきょう)は、最も狭い場所で14kmしかないこともあり、対岸まで容易に眺望可能。四国に居ながら九州を間近に感じることができる空間は、佐多岬ならではです。

佐多岬へのアクセス

松山自動車道 | 大洲北只ICから15分(佐田岬メロディーライン入り口)1時間半(佐田岬先端)

コメントを残す

*