達沢不動滝,銚子ヶ滝,乙字ヶ滝|福島の名瀑3本を一気に巡る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
福島県 - 達沢不動滝

数々の名瀑がある福島県において、特に人気のある滝を3箇所紹介します。
達沢不動滝と乙字ヶ滝は車で簡単にアクセスできるため、四季を通して気楽に旅行できそうです。銚子ヶ滝は遊歩道を小一時間歩く必要があり、冬季はそれなりの装備がないと危険かもしれません。

それなりに近場に固まっていることもあり、その気になれば1日で巡ることもできる3つの滝をまとめて紹介します。

達沢不動滝

前日に達沢不動滝の駐車場に到着し、車中泊。日の出前には目をさまし、すぐさま滝へ向かって出発しました。日中になると多くの観光客が訪れると聞いていたのですが、早朝ということもあり、周囲に人影はありませんでした。

福島県 - 達沢不動滝

達沢不動滝 – 冬の早朝

事前にイメージしていた厳冬期の東北の滝、というほどには凍結しておらず、残念でした。一方で、黒い岩肌を流れ落ちる滝は、実際の気温以上にあたりを寒く感じさせ、早朝の静けさと相まって荘厳な雰囲気を醸し出していました。

福島県 - 達沢不動滝

達沢不動滝 – 黒い岩肌

 

銚子ヶ滝

達沢不動滝を後にし、向かったのは日本の滝百選にも選ばれている銚子ヶ滝。夏でも小一時間かかる遊歩道でのアクセスとなります。冬季ということもあり、それなりに覚悟をしていたのですが、積雪積雪は少なく、特に苦労すること無く滝まで到達できました。

福島県 - 銚子ヶ滝

銚子ヶ滝 – 冬

日当たりの良い岩肌は、ほとんど凍結しておらず、わずかについた氷柱は日光により次々に滝壺へと落ちていました。高さ48メートル、左右対称の美しい滝は、どちらかといえば新緑の緑に抱かれている方がサマになるような、そんな優しい雰囲気を持っていました。

 

乙字ヶ滝

2つの滝を見終わり、最後に訪れたのは乙字ヶ滝。日本ではあまり見ない、開けた場所にある滝で、日本の滝百選にも選ばれています。落差こそ6メートルと小さいものの、100メートルもの幅を持ち、増水時なんかはかなり良い画になるんじゃないかと思います。

福島県 - 乙字ヶ滝

乙字ヶ滝

写真からは分かりにくいですが、周囲の岩は全て柱状節理様の形状をしていて、単純に岩の造形という点でも興味深い滝でした。

 

それぞれが特徴的な滝で、一気に巡ることで、一層それぞれの良さを認識することができました。
達沢不動滝と銚子ヶ滝は四季を通じて美しいんじゃないかと思います。近場の方は、何回も訪れて四季それぞれの良さを楽しむのも楽しいのではないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*