轟九十九滝|滝壺に神輿が!迫力の轟秋祭り

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
轟秋祭りの滝渡御

轟九十九滝は徳島県に位置する三本の日本の滝百選のなかでも特に特徴的な景観を持つ滝です。滝までの空間を遮るようにせり出した岸壁と、その奥でどうどうと流れ落ちる落差58mの水流。轟九十九滝ならではの荘厳な景観は、徳島県来訪の際には是非とも見ておきたい絶景です。

さらに特筆すべきは、毎年11月第2日曜日に行われる轟秋祭り。滝壺まで神輿が入る、他に類を見ない轟秋祭りは、”死ぬまでに一回は見たい”絶景として、自信を持っておすすめできます。

特徴的で荘厳な景観が魅力的な轟本滝

轟九十九滝

轟本滝の荘厳な景観

轟九十九滝の入り口に位置する轟本滝。言わずと知れたこの名瀑を特徴付けるのは、落差58mの轟本滝の滝壺まで続く水の回廊と、その回廊を作り出す岸壁の迫力です。落差58mの滝自体は決して珍しいものではありませんが、滝の手前にせり出した岸壁により、轟本滝は実に神秘的な空間をつくりだしていて、今なお信仰の対象となっているのも納得の景観です。

轟九十九滝

轟本滝から望む二重の滝

轟九十九滝の名の通り、轟本滝から上流には大小様々な滝が存在し、有名なものだけでも轟本滝を含め九本もの名瀑が連なっています。轟本滝のすぐ上流に位置する二重の滝は、轟本滝と同時に展望可能かつ簡単にアクセス可能なため、是非見ておきたいものです。轟本滝の左右にせり出す岸壁の上部は、轟本滝と同時に二重の滝を展望可能な絶景スポットである一方、柵などが設置されていないため、十分に注意して覗き込む必要があります。

轟九十九滝

轟九十九滝のひとつ鳥返滝

轟九十九滝の中で最も奥に位置する鍋割滝までは一時間ほどの道のりとなるため、訪問にはそれなりの覚悟が必要ですが、道中様々な名瀑を見ながらのハイキングは快適そのもの。他の場所にあれば間違いなく単体でも観光名所となりうる景観を持つ数々の滝は、それぞれが個性的で飽きることなく楽しむことができます。

滝壺に神輿が!勇壮な轟秋祭り

轟秋祭りの滝渡御

轟本滝の滝壺へ入っていく神輿

毎年11月第2日曜日に行われる轟秋祭りは、日本全国を探しても類を見ない独特なイベントで、轟本滝から徒歩十分ほどに位置する本滝神社を出発した神輿は、滝壺に入る滝渡御(たきとぎょ)をクライマックスとした勇壮な行事です。通常時から荘厳な景観が魅力的な轟本滝ですが、神輿が滝壺に向かっていく様からは、言葉では表現できないほどのエネルギーを感じることができます。

轟本滝までは駐車場から徒歩十分ほどのため、誰にでもお勧めできる絶景スポットです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*