安居渓谷|四国きっての美しい水流が魅力の渓谷

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
安居渓谷の滝

高知県の人気レジャースポット、安居渓谷。名瀑飛龍の滝の初め、水晶淵など数多くの景勝地を擁し、ぶらっと散策するだけでも十分に楽しむことができます。日本一の清流、仁淀川水系に属す安居渓谷は、その全域にわたり、水晶のように澄み切った水を湛えています。晴れた日には、川底までを強烈に照らす強烈な高知の日差しと、澄み切った水流が光に溢れた清涼な空間を作りだし、訪問者を楽しませます。

安居渓谷のみどころ

安居渓谷の魅力は、水晶のように澄み切ったその水流ではないでしょうか。日本一の清流として名高い仁淀川水系であることに加え、切り立った渓谷でありながら日当たりが良いことも水の美しさを一層引き立てています。

安居渓谷の水流

澄み切った水流

安居渓谷の多くの場所では、青とも緑ともつかない清々しい水流に強烈な陽光が差し込み、きらきらと輝く様子を楽しめます。安居渓谷には飛龍の滝、昇竜の滝といった美瀑が多数存在し、中でも飛龍の滝はアクセスの容易さから人気の観光スポットになっています。

安居渓谷の飛龍の滝

言わずと知れた飛龍の滝

落差30メートルの水流は、中ほどで一度岩にぶつかって分岐し、美しい水流を作り出しています。滝壺は程よい深さをもち、水遊びをしても楽しいのでは無いかと思います。

知る人ぞ知る支流の名瀑

安居渓谷

安居渓谷

数々の名勝を擁す安居渓谷ですが、そのなかでも特におすすめなのが千仭橋付近から支流に入り、しばらく沢沿いに登ると出現するこの景色。それなりの苦労を伴うものの、仁淀川水系きっての美しい滝壺を堪能できる名瀑です

安居渓谷に来たら、沢登りがおすすめですよ!

一般的なルートで巡る安居渓谷も素晴らしいのですが、時間と体力が許すのならば沢登りなんていかが。それなりの体力と装備が必要ではあるものの、誰もいない渓谷をゆっくりと遡行するのは、他には変えがたい、至福の時間ですよ。

日の出とともに出発!

安居渓谷

安居渓谷の日の出

渓流の朝は気持ち良いものです。高知県でも特に山深いエリアに位置する安居渓谷の朝は、最高に清々しいですよ!

千仭橋から入渓

千仭橋から見下ろす見返りの滝

千仭橋から見下ろす見返りの滝

安居渓谷での沢登りの起点となる千仭橋。橋の上からは、深い谷底に落ちる見返りの滝がはっきりと展望できます。

安居渓谷

千仭橋から100mほど坂道を下ると管理道路入口がある

入り口の千仞橋から100メートルほど下流、山側についた管理道路が入渓地点になります。管理用道路を登りだしてすぐ、林にさしかかったあたりで下降開始。少しトラバースしながら高度を下げ、谷底に降り立ちます。

下降を開始してすぐ沢筋に到着

下降を開始してすぐ沢筋に到着

入渓地点はこんな感じ。入渓してすぐに美しい水流が迎えてくれるのは、清流・仁淀川水系である安居渓谷の魅力の一つです。

安居渓谷の水流

澄み切った水流

美しい水流の中、遡行開始です。フリクションの良い岩のおかげでストレス無く歩行可能です。

安居渓谷の滝

高巻きが必要な滝その1

10分ほど遡行すると、一つ目の滝に到着。滝身の左を登ることも可能ですが、安全を期すなら50メートルほど沢筋を降り、右岸から高巻くのがおすすめです。

安居渓谷の滝の巻道

巻道の目安

巻道の目安はこの辺り。上流に向かい、大きな石で水流がせき止められているあたりから右岸のバンドを登り、管理道路で滝の落ち口まで高巻きます。

安居渓谷の沢登り

美しく澄んだ水は冷たい

高巻きが終わると、泳ぎの必要な場所が少しづつ現れます。水流の穏やかな場所ばかりで危険は感じないものの、水は冷たく、少し勇気が必要です。

安居渓谷の沢登り

渓相がめまぐるしく変わる

このあたりから、渓相の変化が始まります。

安居渓谷の沢登り

大岩の詰まる空間

少し進むと大岩の詰まる開けた空間に到着。

安居渓谷の沢登り

水流の右を登る

途中の滝は左のほうから巻くこともできますが、水流の中を登ることも可能。

安居渓谷の滝

直登できる滝が次々に現れる

水流はそれなりに多いものの、ホールドが多いため、見かけよりもずっと登りやすい滝です。この辺りは特に日当たりが良く、水を浴びながら快適に遡行を楽し無ことができます。

安居渓谷の沢登り

落差はあるが登りやすい大岩の詰まる滝

大岩の詰まる滝は、右岸を簡単に登攀可能。高度感はあるものの、ルートの自由度も高く簡単に落ち口まで到達できます。

安居渓谷の沢登り

ゴルジュ入口の瀞

大岩地帯を抜けると安居渓谷の核心、ミニゴルジュに到着。直径15mほどの瀞を左岸から越えるとゴルジュがスタートします。

安居渓谷

ゴルジュ入口の滝から上部を見上げる

ミニゴルジュの入り口となる滝は、右岸から安全に登ることが可能。自信があれば滝身を登ることもできますよ。

安居渓谷の沢登り

フリクションの良い斜瀑を快適に登る

雰囲気こそ本格的ですが、フリクションのよい岩肌、程よい水量、ホールドの多さなど、割と簡単に登ることができますよ。

安居渓谷の沢登り

ゴルジュ入口の滝を右岸から登る

斜瀑部分の落差は20メートルほどでしょうか。上部のゴルジュ入口から見下ろすと、日に溢れた渓谷が遠くのほうに見え、ゴルジュの暗い空間と綺麗な対比を作り出していました。

安居渓谷のミニゴルジュ

ミニゴルジュがスタート!

斜瀑を越えるといよいよミニゴルジュがスタートします。腰ほどまである水流の中を遡行するもよし、ツッパリでクリアするもよしの楽しめるポイントですよ!

安居渓谷のミニゴルジュ

ミニゴルジュは全体的にフリクションが良い

ミニゴルジュの岩はフリクションが良く、見た目に反し簡単に遡行可能です。

安居渓谷のミニゴルジュ

ミニゴルジュ出口の滝

ミニゴルジュ出口の滝は水流の中を直登可能。

安居渓谷の沢登り

ミニゴルジュ先の滝

ミニゴルジュを超えると現れる3mほどの滝。見た目に反し滝身へのとっつきが難しく、右から巻いた方が楽ですよ。

安居渓谷の沢登り

釜の美しい滝4m

釜の美しいこの滝は、水流手前10mの右岸を小さく巻く。

安居渓谷の沢登り

高巻きの必要な滝その2

両岸の迫るこの滝は、高巻きが必要。滝の手前30mほどのところから管理用道路を利用し上部に抜けます。

安居渓谷の沢登り

高巻きに利用する管理用道路

このへんの管理用道路は少し不明瞭な部分もあるため、気をつけて進む必要があります。滝の上流30mくらいの場所が降りるのに最適な場所ですよ。

安居渓谷の沢登り

沢筋に戻り水流沿いを登る

沢筋に戻り、水流沿いを快適に遡行。

安居渓谷の沢登り

木漏れ日の美しい空間が続く

この辺りは木漏れ日が美しく、膝下くらいの水深の中をゆっくりと歩くと最高ですよ!

安居渓谷の沢登り

いくつかの小ぶりな滝を越える

時々小さな滝が現れますが、どれも簡単にクリア可能。

安居渓谷の沢登り

快適に遡行を続ける

危険とは程遠い、ゆったりとした空間が続きます。

安居渓谷の沢登り

木々の緑と清流に癒される空間

それにしても木々の緑と清流というのは最高の組み合わせですね!

安居渓谷

仁淀川水系の透き通った滝壺が美しい

久しぶりに現れた、釜をもつ滝4m。胸までつかり釜を歩き、右岸の残置スリングから登ります。

安居渓谷の沢登り

釜の美しい斜瀑

すぐに現れる、釜の美しい斜瀑布を越えると、安居渓谷一の景観美、名もなき名瀑に到着です。

この景色!空気感!まさに絶景の名瀑

安居渓谷

安居渓谷きっての名瀑

初めてこの景色を見たとき、しばらくの間言葉が出ませんでした。安居渓谷には数々の美しい景観がありますが、ここだけは別格です。 美しく深い緑に染まる淵。そこを満たす水はどこまでも透き通り、日差しが差し込むと光の帯が白い川底を照らしだします。奥に見える直瀑は切り立った岩壁に囲まれた深い淵を携え、その出口には侵入者を拒むかのように巨岩が突き刺さっています。

安居渓谷の沢登り

美しい淵に腰まで浸かり滝を眺める

これほど美しい淵は他に見たことがありません。木々に囲まれた空間の清流は美しい緑に染まり、穏やかな水流の中、時間を忘れ景観を眺めていました。

安居渓谷の名も無い滝

滝直下は閉鎖された空間

美しい淵を泳ぎ、巨岩付近から見た景色。先ほどの景色とは対照的で、険しい岩壁に隔絶された空間は、冷たい色の水で満たされていました。 この滝も直登は難しく、巨岩の手前から右岸を高巻きます。

安居渓谷の沢登り

滝の上部から淵を見下ろす

先ほどの景色を滝の上から見下ろすと、切り立った岸壁の向こうに見える緑の淵がきらきらと輝いていました。 この滝を越えるとゴールまではあとわずか。30分ほど遡行し、林道と交差したところで下山を開始します。登りは快適な安居渓谷ですが、下りは少し大変です。沢沿いの管理道路での下山は所々不明瞭な箇所もあり、お勧めできません。 脱出地点に車を用意できない場合は、諦めて林道を下るのが無難でしょう。入渓地点までの距離は7.5キロ。1時間半ほどで入渓地点まで戻ることができます。

安居渓谷へのアクセス

安居渓谷の場所

画像をクリックするとGooglemapが新しいタブで開きます

四国の沢登りコース

周辺の観光スポット

コメントを残す

*